0120-974-340

オーナー事例・シミュレーション

その安心感は、
品質だけではありません。

10年以上にわたって全国でオーナーを増やしつづけ、現在では全国で2,500戸を超える建築実績を誇るWILL STYLE。さまざまな地域、土地のタイプ、ライフステージでWILL STYLEの家を建てたオーナーの皆様の実例と、建設や家賃収入がどのようになっていたかのシミュレーションをご紹介します。

Owner’s Voice #1 Y.M.さん

区画整理による分断でできてしまった変形地、
逆転の発想で「戸建賃貸」に活用!

思わぬきっかけからWILL STYLEの戸建賃貸経営に出会い、そのメリットを実感したY.M.さん(81)。
現在では追加購入した土地も含め、計7戸のWILL STYLEを経営しています。

▶WILL STYLEを知った、きっかけを教えてください。

自分の持っていた土地が区画整理のため、道路で分断されてしまったのですが、片方の広い土地にはマンションを建てたものの、もう片方はとても細長い三角形の土地(82.3坪)になってしまいました。 マンションはもちろん、アパートも建てることができず、この余った土地をどうにか有効活用できないものか?と相談したところ、WILL STYLEの戸建賃貸経営を勧められました。

▶WILL STYLEのどんなところに、魅力を感じましたか?

まず、使いようがないと諦めていた細長い三角形の土地に、戸建住宅が2棟。しかも、1戸につき駐車場が2台付くというのが魅力的だと感じました。先に建てたマンションは、大学に近い立地から入居者は単身の学生が中心です。勧めてもらったのはWILL STYLEの『unicube』でしたが、若い家族などに向いているように思え、マンションと比べて長いサイクルで借りてもらえるのではと思いました。

Owner’s 01建物イメージ
Owner’s 01オーナーイメージ Owner’s 01プランイメージ

▶実際に、戸建賃貸経営を始めていかがですか?

建設後、最初の入居が決まってからは現在まで隙間なく満室が続いています。入居者さんに話を聞いてみたところ、デザイン性がよく、夏は窓が大きいので風通しが良いこと、構造がしっかりしていて、冬でも以前に住んでいた賃貸住宅よりも冷え込む感じがなくてかなり快適!と言ってくれました。マンションと戸建の両方建てたからこそわかったことですが、戸建の賃貸住宅は、エレベーターや廊下などの共用部分がないのでメンテナンスの負荷が軽いんです。これもメリットです。 最初の2棟でずっと入居が満室であること、建物も安くて、管理が楽な点が気に入ってしまい、さらに土地を購入。現在はさらに5戸分のWILL STYLEを建て、計7戸になりました。月の家賃収入は65万円ほどになります。

▶家賃設定はどうしていますか?

若干不安だったのですが、工務店さん、不動産屋さんの勧めで、地域の相場よりもちょっと強気の値段にしました。結果としては値下げすることもなく、現在まで空室なしのうれしい状況です。戸建であること、建物の品質、駐車場付きであることなどから割高感もないのです。

▶他にメリットを感じられる部分はありますか?

追加で建てた5戸については、銀行から融資を受けました。すでに初めの2棟で経営に不安はありませんでしたが、ローンを組むことにより相続税が減額になるということを聞き、いい話を頂いたなと思いましたね。

区画整理によって残ってしまった変形地でも、その土地の価値を活かせるWILL STYLEで、安定した家賃収入と相続税対策という2つのメリットを手に入れたMさん。まさに逆転の発想です。それもこれも「信頼できる工務店さんがいっしょになって考えてくれたから。信頼関係からいろんなチャンスに恵まれ、本当に運がいいと思っています!」と終始笑顔で話して頂きました。

ローンシミュレーション【2棟とも賃貸とする場合】

ユニキューブ2棟の建築費 1800万円
土地の購入価格 万円
自己資金(頭金) 万円
ローン返済期間
ローン金利 %/年
1棟あたりの家賃 万円
※6.5〜25万円の範囲でご指定ください。
空室率
ローン返済中の収支
ローン返済中の収支 万円
ローン返済後の収支 万円
top