WILLSTYLEに関するお問い合わせはお気軽に
0120-974-3400120-974-340

自らの経験から「需要はあるのに供給が足りない」戸建賃貸に着目。

Owner’s Voice #4 H.I.さん

自らの経験から「需要はあるのに供給が足りない」戸建賃貸に着目。

Owner’s Voice #4 H.I.さん

自らの経験から「需要はあるのに供給が足りない」戸建賃貸に着目。

奥様のご実家がお持ちの、古いアパートが建った土地を活用することになったIさん。活用の道として選んだのは「自分が住みたい」と思える戸建賃貸でした。

▶WILL STYLEを知った、きっかけを教えてください。

妻の実家が、義理の両親の住まいとは別に土地を持っており、そこでかなり古いアパートを経営している状態でした。
この土地と建物を私たち夫婦で相続することになり良い方法を考えていました。
自分でいろいろと情報集めをした結果、戸建賃貸というアイデアに惹かれて、WILL STYLEのサイトにたどり着きました。

▶それまではアパート経営をしていた土地を、戸建賃貸という形にしようと思った理由はなんですか?

この土地は市役所や消防局などに近いエリアにあって、ここであれば公務員の住居需要があると考えました。
実は私自身も公務員なのですが、公務員は賃貸に住む場合、家賃補助の手当てが出ます。これは持ち家を購入した場合などには適用されないので、「家を買うよりも、手当てをもらって賃貸に住んだほうが得」と考える公務員は少なくないんです。
私自身も同じ理由で賃貸に住んでいますが、「賃貸でも戸建に住みたい」という思いがあります。でも、賃貸というとやはり集合住宅が圧倒的に主流で、戸建賃貸を探すのは大変なんです。自分自身がそういった苦労をして今の住まいを見つけましたので、同じようなニーズは多いのでは?と思ったんです。

Owner’s Voice04 建物

▶WILL STYLEのラインナップでは、ユニフォートを3つ建てられましたね。

はい。土地は横長で106坪。核家族の入居をイメージしました。せっかくの戸建ですので、1戸1戸が完全に独立した形にしたかったため、ユニキューブかユニフォートが選択肢に上がりましたが、リビングが1階にあるなど、ユニフォートの間取りが自分にとってはしっくりきたので、こちらを選びました。

Owner’s Voice04 建物

▶ほかの戸建賃貸物件も検討されたのでしょうか?

検討しましたね。ですが、どこも思った以上に建設費が高く、利回りを考えるとあまり現実的に思えなかったんですね。その点、WILL STYLEは建設費が安いのにペアガラスの窓や、セルロースファイバーを使った壁など、快適な環境が長持ちするスペックになっていました。これなら行ける!と思いました。実際にアパートの解体工事を始めたら地下に戦前の施設が見つかって、これを撤去するのに想定外のコストが発生…というトラブルもありましたが、建設費そのものが抑えられていたので、資金繰りでつまづくことなく進められました。

▶実際の入室/運用状況はいかがでしょうか?

3棟のうち1棟は着工後すぐに、市役所勤めのご家族から申し込みがあり、2棟目は完成直後に貿易会社が社宅用に借り上げてくれました。3棟目は完成の2ヶ月後に消防局にお勤めの方が入居されました。やっぱり、公務員が多い結果になりましたね(笑)。
すぐに満室になり、みなさん長く借りてくれそうなので、ローンも順調に返済できています。今回のような大規模な融資は一生のうちに何度も受けられるわけではないと思いますが、キャッシュフローを産まない自分の家ではなく、こうした投資になる道に使うことができてよかったです。

「自分が住みたい賃貸」のイメージを土地活用に反映させることで、狙い通りの土地活用をはじめることができたIさん。
そのイメージにぴったりだったのがWILL STYLEでした、とお話しくださいました。

top