WILLSTYLEに関するお問い合わせはお気軽に
0120-974-3400120-974-340

既存不適格建築物

既存不適格建築物
の解説・意味

読み : きぞんふてきかくけんちくぶつ

既存不適格建築物とは、建築当時は法規に適合してたが、その後の法改正などにより現在の規定に適合しない状態となった建築物のことです。この建築物をそのまま使い続けることは問題ないですが、建て替え、増築・改築等を行う場合は、そのタイミングで施行されている新法に合わせなければいけません。

関連する用語

top